AGAの原因は何かを知っておくことが大切

前頭部の生え際から徐々に髪が後退し、薄毛が目立っていくというのは壮年期の男性の脱毛症によく見られる傾向です。なにぶんにも人目につきやすいところですから、薄毛による悩みが深いのが特徴だと言えるでしょう。

そして生え際付近の男性型脱毛が起きる原因は大きく分け2つあって、1つは男性ホルモンのテストステロンが細胞内の還元酵素5αリダクターゼにより、ジヒドロテストステロンに変換され、それが毛乳頭細胞にくっつくことで、やわらかく短い髪になって、最終的に産毛程度にしか育たないままに抜けてしまいます。

そして、もうひとつは頭皮が血行不良を起こし毛母細胞に栄養が行かないことです。ストレス、眼精疲労などで毛細血管が収縮すれば血流が悪化してしまいます。生え際から後退する脱毛症は男性ホルモン、血行不良の2つが原因で、育毛ケアをするなら、まずこれらを重視して、自分に合う育毛剤を積極的に使うことも大切です。薄毛、抜け毛は、さまざまな要因が絡み合って起こります。

AGAの治療には、まず原因を把握し、それに合った育毛剤やライフスタイルに変えることです。